中高年もものにゃんと!いい気分

3匹の猫との愉快な出来事や日々の楽しい情報をお届けいたします~

人生の後半を楽しく生きる

仕事復帰に向けて

投稿日:

「肺の状態がとても綺麗になっていますよ」

退院2日前に、主治医の先生から言われた言葉に喜ぶパパさん。

これまで、緊迫状況が続いていたので、希望を感じられる言葉には、どんな些細なことでも、敏感に反応してしまいます。

私もその言葉を聞いて地の底から救っていただいたような気持ちになりました。

自宅療養

これから癌治療はどうなるかわからないけど、肺の状態が良くなっているということで、お薬を服用しながら自宅療養、定期的に通院という形になりました。仕事も、4カ月お休みしています。6カ月くらいで復帰もしなければという焦りもあります。

しかし、パパさん。

精神的に不安定になるのは仕方のないことですが、毎日、家でずっと眠っている状態。

先生からは、身体は動かした方が良いと言われていますが、運動する気にならないのか、本当に体がだるいのか、その両方なのか、ほぼ毎日、ベットに横たわっています。

私の仕事がお休みの日に、「今日はお天気が良いから海までお散歩する?」と誘うと、少し考えて「うん」と頷きました。

毎日家に閉じこもっているパパさんにとって、海まで歩いて行くには、ちょっと距離があります。

私は、車で海岸近くまでパパさんを連れ出すと、そこからゆっくりお散歩を楽しむことにしました。

海~~~~

車を降りると、パパさんは、ゆっくりと歩き始めました。

お薬の影響か、脳の腫瘍のせいか、足に軽い痺れを感じるようです。そして、砂の上ということもあり、たどたどしい足取りです。

私は、パパさんの手を取りながら、砂の上を一歩一歩踏みしめながら歩き始めました。

晩秋の海岸には、男の子を遊ばせている家族連れや、犬を散歩させている人の姿が、ちらほら見られる程度で、波の音が広い砂浜に耳に響いていました。

パパさんは、テトラポットに向かって、歩き始めました。

どこかに座りたかったようです。

言葉はなく、テトラポットの上に腰を下ろすと、ぼーっと海を眺めるパパさん。

(ちょっと、おかしい?)

明らかに元気なときのパパさんとは違っていて、脳に何か異変が起きている?精神的に参っている?

最近は、会話らしい会話もなく、娘や私が話しかけても「うん」とか「ああ」しか発しないし。。。

末期がん。社会から断絶された状態で、先も見えず、ただ家で寝ているだけの生活をしていたら、誰でもおかしくなるかも。このままではいけない。。。

私は、こみ上げてくる不安を抑えながら、パパさんに話しかけました。

「わ~!綺麗な石!貝殻もあるよ。」

パパさんは、こちらに目を移すと、小さく頷きました。

私は、貝を捜しながら、浜辺を歩きました。

が、パパさんはついてくる気配もなく、相変わらずテトラポットに座って海を眺めています。

少しの間、海を見たあと、私たちは海岸を後にするのですが、何をしたわけでもない、この体験が、良い引き金になったようなのです。

次の日からパパさんの行動に少しづつ変化が起こり始めました。

まず、気になっていた歯医者に行く。好きな映画を観る。という感じで、眠ってばかりの生活から少しづつ行動するようになってきました。

夜眠れない

パパさんは、若い時お酒が大好きでした。

毎日、欠かすことなく飲み続けた結果、脳が覚醒してしまう、いわゆる「不眠症」(アルコールの副作用とパパさんは言います)で悩むことになりました。

「酒を断つ」という大きな壁を乗り越えて、もう何年にもなりますが、未だに睡眠導入剤がないと眠れないというパパさん。

体のことを考えると、なるべくなら癌治療薬以外の余計な薬は飲まないにこしたことはないのですが、どうしても薬に頼ってしまうのです。

もしかすると、薬を飲むと眠れるという暗示にかかっている部分もあるかもしれませんが、「眠れない」ということが常時悩みの一つでした。

昼間、眠らないでなるべく体を動かして規則正しい生活をする!

頭でわかっていても、身体が思うように動かないとか、むくんて歩くのが苦痛らしく、思うように実行できません。

若かりし時のアルコール中毒の副作用とステロイドの副作用で、周りから見ていても切なくなりました。

私たちは「今は、焦らず身体を休めて免疫力をつけるとき!!!」と割り切ることにしました。

夜、眠れない → 眠らないで死ぬことは多分ないだろうから、眠りたくなったら眠れば良い。

運動して筋力をつけなければ → 無理に運動しようと思わなくて良い。体が動きたくなったら、そのときに動けば良い。時期を待とう。

食べ過ぎてしまう → 食べられるだけ幸せ。やせ細ってがりがりになっていくより、健康そうで良い。

仕事復帰への焦り → 人生の中で、これだけゆっくり休める機会は滅多にない。神様がくれた休養だと思って思い切り休養しよう。

同じ状況でも、見方を変えれば明るくなれます^^

-人生の後半を楽しく生きる

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夕焼け

18日間の入院生活

「血栓を溶かす薬で様子を見ながら、一週間くらい入院して、あとは自宅療養で」 お医者様からは、そう言われていました。 でも、5日経っても一週間経っても、血栓が溶けていないのか、自らの力で酸素を全身に送る …

ヒヨコお金

お金に対するマインドを変えたら宝くじで超プチプチプチ当選!

こんにちは。 ももです。 最近、私は「お金」に対する見方をちょこっと変えみたのです。 これまで、年末ジャンボとかサマージャンボとか、年に1~2回、気が向いたときに宝くじを買ったことがありました。 でも …

ヒヨコお金

お金の問題

自宅療養 20日間の放射線治療を終えて、パパさんは、しばらく自宅で療養することになりました。 次に病院へ行くのは一カ月後です。 放射線治療後、症状が落ち着くまで少し時間がかかるようです。 しかし、こん …

癌細胞が減った?!

キイトルーダという抗がん剤を投与して、蕁麻疹やら、間質性肺炎になりかけたものの、早期集中治療によってそれらの副作用は軽減しました。 そして、一カ月が経ち。。。 いつもは呼吸器外科の肺のレントゲンを主に …

50歳を過ぎてから未経験分野の国家資格にチャレンジしてみた

こんにちは!ももです。 最近、物忘れをすることが、多くなってきました。物を取りに2階へ行こうと、階段を上がるのですが、上がってみると「あれ?何を取りに来たんだっけ…」 他にも、人の名前が出てこなかった …