中高年もものにゃんと!いい気分

3匹の猫との愉快な出来事や日々の楽しい情報をお届けいたします~

人生の後半を楽しく生きる

大山!モノレール

投稿日:

モノレールは1時間に数本運行していて、時間になると運転手さんが乗り込んで来ました。

いざ、出発!!!

なんだか童心に返ったようなワクワク感があります。

出発すると、観光アナウンスが流れ、大山観光気分満喫です。窓ガラス越しに観える美しい紅葉は、まるで絵の中の世界のようでした。

モノレールは、天に吸い寄せられるように、上へ上へ、かなりの傾斜を駆け上っていきます。

パパさんもガラスごしに映る紅葉を楽しんでいるようでした。

目的地の駅に着いてモノレールを降りると、そこからの景色がこれまた絶景!!!

遥か下に先程までいたであろう家並みが点在し、まさに外界から天上界へ上ってきたような錯覚になります。山道を少し歩くと、神社までの石段が現れました。

あら!また階段。神社までの道のりは長いですね~。

一歩一歩踏みしめながら、石段を登ります。

空気は澄んでいて、神社に近づくにつれて、神聖な雰囲気になってきました。

神社までの石段を登りきると、正面に「阿夫利神社」という石碑が立っていました。甘酒や、大山豆腐を食べさせる茶屋があり、観光客で賑わっていました。

「まずはお参りだね」

私たちは、パパさんの病気治癒を祈願しました。

それにしても、こんな高い山の頂上に神社が!今はモノレールがあるから比較的楽にここまで来られるけど、昔の人はさぞや大変だったんだろうなぁ。。。

ふと、神社の奥を見ると、さらに石段が上へ上へと続いているのが目に入ってきました。

さすがに、病気のパパさんを連れて上がるのは限界だったので、阿夫利神社参拝を終えて、茶屋でお茶をしたあとは、またモノレールで元来た道を戻りました。

モノレールを降りて、先ほど上ってきた石段を下ります。私は、行に見た、人の良さそうなおじいちゃんからミカンを買いました。

闘病中で、少し前まで緊急入院で生死の狭間を行き来していたパパさんにとって、この旅行は最高の気分転換になったようでした。

-人生の後半を楽しく生きる

執筆者:

関連記事

夕焼け

集中治療室で20日間の入院

緊急入院になった次の日。 私は、着替えや石鹸、歯磨き等入院中必要なものを持って再び病院へ行きました。 パパさんは、脳の圧迫を抑える薬の点滴やら血圧を測る機器やら、いろいろな管を巻かれ、ベッドから身動き …

飛行機

日本に生まれてきたことに感謝

こんにちは。 ももです。 最近、日本に生まれたことに、ホント~に良かったぁと有難さを感じています。 国内に住んでいると、それが当たり前になって気が付きにくいのですが、一歩外に出ると、その有り難さがわか …

息苦しい。コロナ?

春うららかな、ある土曜日の朝。 窓の外では、鳥のさえずり、ツツジの花が鮮やかなピンク色で春の日の朝を彩っていました。 「病院に電話して。。。」 外の景色とは対照的に、重々しい声を喉の奥からやっと絞り出 …

ひとりさんの言葉

無謀にもひとりさんに握手を求めてしまった私

斎藤一人さんは、常に納税者ランキング上位の大富豪です。本もたくさん出されていますが、メディアには、顔を出しません。 私は、一人さんの本を何冊も読み、CDも視聴しました。 一人さんって、どんな方なんだろ …

海赤いパラソルと

仕事復帰に向けて

「肺の状態がとても綺麗になっていますよ」 退院2日前に、主治医の先生から言われた言葉に喜ぶパパさん。 これまで、緊迫状況が続いていたので、希望を感じられる言葉には、どんな些細なことでも、敏感に反応して …