中高年もものにゃんと!いい気分

3匹の猫との愉快な出来事や日々の楽しい情報をお届けいたします~

人生の後半を楽しく生きる

癌細胞が減った?!

投稿日:

キイトルーダという抗がん剤を投与して、蕁麻疹やら、間質性肺炎になりかけたものの、早期集中治療によってそれらの副作用は軽減しました。

そして、一カ月が経ち。。。

いつもは呼吸器外科の肺のレントゲンを主に診ていますが、この日は脳のMRIを撮り、その後の癌細胞の状態を観ることになりました。

結果が出るまで、いやいや、結果を先生から聞くまで、ハラハラドキドキの緊張感が走ります。

脳のMRI画像の詳細は、専門の脳外科の先生に分析していただいて、それを主治医である呼吸器外科の先生へ伝える。というように、病院内で脳外科の先生と呼吸器外科の先生との連携プレイです♪

待合室で順番を待つ時間がいつもよりずっと長く感じられました。

名前を呼ばれて、息をのむような心境で画像画面を見ました。

「癌細胞は減少傾向にありますよ」

え?!!!

その言葉に、こみ上げてくるものがありました。

減少している??

「先生、癌細胞は少なくなっているということですか?」

私は、ゆっくりと、念押ししました。

「はい。脳外科の先生からも減少傾向にあるとのことです。副作用の出る人は、裏を返せば、薬が効きやすい人とも言えます。一回の投与で効果が出る人もいるので、様子を見ていきましょう。」

わ~!抗がん剤が効いている!

一挙に目の前が明るくなりました。

「肺の状態もすごく綺麗になってきています。この分なら、またキイトルーダを投与できるかもしれません。」

副作用の心配もあるけれど、とりあえず癌が縮小していることが嬉しかったし、私たちは、久しぶりに前向きな気持ちになれました。

希望の光がさした瞬間でした。

副作用で難病指定でもある間質性肺炎を起こし、命懸けの闘病生活です。本当にいろいろなことが起こります。その度に、はらはらひやひやしたり、落ち込んだり、安心したり。

でも、頼みの綱の抗がん剤が効いて、がん細胞が減少傾向にあるという事実は、あたたかくて明るい希望の光に包まれたような喜びでした。

「良かった」

隣にいるパパさんも、静かに微笑みました。

-人生の後半を楽しく生きる

執筆者:

関連記事

京橋前菜

21日間の入院生活

パパさんは、キイトルーダ投与のよる副作用で間質性肺炎になってしまい、その治療のために長期入院になりました。 その間の入院生活は、前回のときと違って、比較的快適な生活だったようです。 第一に、集中治療室 …

一泊3万円のベッド代

キートルーダの副作用で間接性肺炎になってしまったパパさんは、少し動くだけでも、酸素量が減ってしまいます。 トイレに行くときも、動いたあとは、必ず看護婦さんに声をかけて酸素量を調整してもらうという生活が …

老老介護の実態

母の入院 こんにちは。ももです! 先日、静岡の実家へ帰省しました。 なぜなら、母が、腸管出血で多量の下血があり入院したからであります。 実家では、年老いた父と母、それと、ネコのレナが暮らしています。 …

ホットヨガ体験

こんにちは ももです! 正月太り、なかなか戻らず、なにをしたら良いのか考えていた矢先 街で「ホットヨガ体験」の二文字が目に入りました。 早速、ネットで調べて、人生初のホットヨガ体験に行って来ました。 …

18日間の入院生活

「血栓を溶かす薬で様子を見ながら、一週間くらい入院して、あとは自宅療養で」 お医者様からは、そう言われていました。 でも、5日経っても一週間経っても、血栓が溶けていないのか、自らの力で酸素を全身に送る …