中高年もものにゃんと!いい気分

3匹の猫との愉快な出来事や日々の楽しい情報をお届けいたします~

人生の後半を楽しく生きる

喧嘩ばかりしていた夫婦の愛

投稿日:

喧嘩ばかりしている夫婦

こんにちは!ももです。

「もも」の知人に、喧嘩ばかりしているご夫婦がいます。

ご主人は、ちょっぴりルーズな人で、いつも自分の置いた物の場所を忘れてしまい、毎日のように探し物をしています。

「めがねがない」「本がない」「免許証がない」「カバンがない」「携帯電話がない」…

そのたびに、奥さまも一緒に探すことになり、ご主人に振り回されています。

ご主人は、靴下の右と左、違うものを履いてしまったり、スーツの上と下、違うものを着てしまうことがあります。そのたびに振り回されるのは、奥さま。

そんな些細なことが発端で、いつも喧嘩になります。

ご主人「老眼鏡がない」

奥さま「さっきまで、かけていたでしょ?」

ご主人「あれ?おかしいな…お前が片付けたんじゃないのか?」

奥さま「触っていません」

ご主人「机の上が乱雑になっているから、見つけにくいんだ」

奥さま「えっ~!わたしのせい?!!!」

最初は些細なことから、段々、エスカレートしていって、そのうち、話が大きくなって、最後には「実家へ帰れ!」「離婚!」という会話が飛び交います。

周りから見ていると、コメディのようですが、本人たちは至って真剣なのであります。

奥さまの病気

ある年のある日、奥さまはご病気になりました。

手足が思うように動かなくなる病気です。

病院へ行って薬を処方してもらいましたが、何日経っても、何カ月経っても、なかなか回復しませんでした。でも、薬を切らすと重症化してしまうので一日たりとも切らすことはできません。

その日、いつものように奥さまが薬箱を見ると。。。

うっかりしていて、薬の在庫がありません。

奥さまは、自ら歩くことも困難になっていたため、ご主人に病院へ行って、薬をもらってくるよう頼みました。

ご主人が行方不明

ご主人は、奥さまに頼まれた薬をもらいに、朝の9時に病院へ向かいました。

ご高齢で、車の運転もできないため、タクシーを使って隣町の病院まで行きました。

病院まで、車を使えば片道20分くらいの距離です。

普通に考えれば、長く見ても、お昼までには戻ってこれます。

ところが、お昼過ぎて、2時、3時…4時になってもご主人は帰ってきません。

奥さまは、心配になってきました。何かあったのかしら。どこかへ寄っているのかしら。それにしても、遅い…

病院へ電話してみると、もうとっくに帰られたと言われました。

警察から電話がくる

夕方、6時頃、一本の電話が入りました。

「〇〇さんのお宅ですか?△△警察署です。通報があり、ご主人が道路で倒れておられました」

どうやら、ご主人は、奥さまの薬を受け取った後、夕飯の食材を買いながら、歩いて帰ろうと思ったらしいのです。しかし、歩いているうちに、どこをどう間違ったか、道に迷ってしまいました。

そして、あちこち、ふらふら歩いているうちに足をすべらせて転倒してしまったようです。

警察官の話だと、左側に転んだから助かったようなもので、右側に転んでいたら、完全に車に引かれていたとのことでした。

危機一髪でした。。。

きずな

その日、夜になって帰宅したご主人。身体には、あちこち、ぶつけたあとがありました。

手の甲は、内出血したようで赤黒いあざができていました。

普段から物を無くすことが日常茶飯事のご主人。当然、意識を失い、自分の身を守ることさえできなかったのですから、お財布や手持ちの物も失くしてしまっているかと思われました。

奥さまの前に現れたご主人の、その手には…

なんと、奥さまに頼まれた薬の袋が、しっかりと握られていました。

他のものは無くしても、これだけは絶対に持って帰らなければ!と思っていたようです。転んで気を失っても、けして手放さなかった薬の袋…

それを見た奥さまは、涙がこみあげてきて、溢れてきて…しばらく涙を止めることはできませんでした。

50年以上も一緒にいたんだもの。いつも喧嘩ばかりしているようでも、お二人の間は、強いきずなで結ばれているのですね。

その話を聞いて、「もも」も、泣けてしまいましたよ。

そのあと、心がほっこり温かくなりました^^

-人生の後半を楽しく生きる

執筆者:

関連記事

ダイエット歴30年以上のわたくし「もも」が10キロ減量に成功できたときのお話

こんにちは。 ももです。 今日は、ダイエット歴30年以上のももが、10キロの減量に成功したときの体験談をお話したいと思います。 呪われたぽっちゃり体型の家系 もものお母さんは、標準より、ややぽっちゃり …

ヒヨコお金

お金に対するマインドを変えたら宝くじで超プチプチプチ当選!

こんにちは。 ももです。 最近、私は「お金」に対する見方をちょこっと変えみたのです。 これまで、年末ジャンボとかサマージャンボとか、年に1~2回、気が向いたときに宝くじを買ったことがありました。 でも …

飛行機

日本に生まれてきたことに感謝

こんにちは。 ももです。 最近、日本に生まれたことに、ホント~に良かったぁと有難さを感じています。 国内に住んでいると、それが当たり前になって気が付きにくいのですが、一歩外に出ると、その有り難さがわか …

休職6か月目

夏に緊急入院してから、半年が経ちました。抗がん剤の副作用が出なければ、もう仕事復帰をしている頃です。 幸いにも、間質性肺炎になりかけたものの悪化せずに済んだので、再度抗がん剤の投与も可能とのことでした …

夕焼け

癌の再発

最初の自覚症状 パパさんの肺癌から4年の月日が経っていました。 肺の左下葉部分を手術で全部摘出して、そのあとは1年間、「治験」という形で、予防も含めた抗がん剤治療をしました。 腫瘍マーカーは正常値より …